新長田駅より徒歩1・神戸三宮から約10分「治したい」人のための鍼灸施術院

ダエンからマル Lab.
脊柱管狭窄症


75歳までの脊柱管狭窄症は多くの場合、手術なしで改善します。

病院で「脊柱管狭窄症」が治らないあなたへ

このページは、

「脊柱管狭窄症」に悩んでいる方に向けての内容が記されています。


腰の痛みや、足の痺れが出る原因を深く理解をしていただき、

「実際に症状が改善した人の感想」と共に脊柱管狭窄症を解消する方法をお伝えしていきます。

  • 足のしびれで長時間歩けない…
  • 腰の痛みもあり、生活の範囲が狭くなってきている。
  • 最近は、歩ける距離が短くなってきた…

きっと様々な辛い症状と不安があると思います。


でも、だいじょうぶです。


あなたの脊柱管狭窄症を解消するための方法がここに書かれています


当院の施術後、日常生活に支障が出るほどの狭窄症が解消されています。

脊柱管狭窄症でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨にある脊柱管が何らかの原因で狭くなることによって、腰痛や下肢の痛み、しびれなどが現れる疾患です。


脊柱管が狭くなる原因としては、加齢によるものが最も多く、その他には脊柱が前方にすべり事で神経を圧迫する「変性すべり症」からも起こる事があります。

この場合も画像所見で判断する事ができます。

そして、それ以外にも脊柱管狭窄症を判断する材料があります。

それは、「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」です。

脊柱管狭窄症の症状である間欠性跛行とは?

脊柱管狭窄症の鑑別は「間欠性跛行」があるかがとても重要になってきます。

この間欠性跛行とは、歩いている(立っている)うちに、だんだんと腰や足に痛みや痺れが出てくる状態の事です。

休む(腰を丸めて座る、しゃがんで休憩する)ことによって、再び歩けるようになるのです。


ただ、しばらくは歩けるものの、歩いているとまた症状が現れてしまいます。

脊柱管狭窄症の症状が重度になると数十メートルを歩いただけでも痺れや痛みが出てくるようになってしまいます。


なぜこのような症状が出てしまうか?と言うと、
立っている事で背骨の構造上、脊柱が狭くなり神経を圧迫するからです。

しゃがんだり、腰を丸めると脊柱がやや広くなり、症状が緩和されるのです。

これが脊柱管狭窄症で最も特徴的な症状と言えるでしょう。

「数歩しか歩けない」から「楽しく散歩」へ

あなたは脊柱管狭窄症を発症した後、

多くの病院や治療院であらゆる事を試し、それでもなお改善していないかもしれません。

あなたと同様に腰痛・足の痺れをもつ多くの方は

どこに行っても治らず「藁をもすがる思い」でいる事がほとんどです。


歩く度に腰や足が痛く、

自分の思うように歩けずにツライ思いをしている方もいるでしょう。

きっと病院でも明確な治療期間が設定されず、いつになったら治るのかさえ分からずにいる方も多いと思います。

そういった状態にあるあなたが


「楽しく散歩へ」なんて、そんな事を簡単に言えるはずない

と思うはずですし、そう思うのは当然のだと思います。


でも、それは全国から飛行機や新幹線を乗り継いででも脊柱管狭窄症の施術を受けにやってくること、症例数の多さと改善率の高さが証明しています。

その中の一部である実際の「声」に耳を傾けてみてください。

当院の施術を受け、脊柱管狭窄症が解消した方々の感想

狭窄症が改善し、快適に生活できています!

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために今までどのような治療を受けてこられましたか?

医者から狭窄症と言われて来たのですが先生からは坐骨神経痛と言われ治していただきました。
その後めまいを丁寧に治して頂きありがとうございました。


Q2、鍼灸治療など当院来院にあたって心配はなかったですか?
またその心配はどうやって解消しましたか?

当院に来た心配は丸山先生のおかげで心配無し

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

ていねいに治療して頂き、感謝しています。


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。
担当が最高に喜びます!

大感謝です。ありがとうございました。

脊柱管狭窄症の意外な真実

現在、痛みやしびれに悩んでいる方に、

まず知っておいていただきたいことが一つあります。


それは「脊柱管の狭窄は、年齢を重ねる事でほとんどの人が起こりうるもの」という事です。

加齢により腰椎の変形は程度の差はあるにしろ、これは必ずと言っていいほど起こるものです。

なので、高齢者の方の腰をCTやMRIで画像を撮影すると、ほとんどの方に脊柱管の狭窄が見つかるはずです。

ですが、全ての方が腰痛や足のしびれを訴えているわけではありません。

腰の狭窄があったとしても腰の痛みや足のしびれが一切ない方もいるのです。


ここで重要なのは、

[脊柱管の狭窄だけが腰痛や足のしびれに繋がっているとは言えない]

という事です。


もちろん、脊柱管が狭くなっていれば痛みやしびれが出る可能性は高いです。

ですが、それ以外にも症状を増大させてしまっている要因を解消しなければならないです。

では、具体的にどのような要因があるのでしょうか?

これを知る事で、狭窄症の症状を改善させる事が出来るのです。
次の章では、これについて詳しく解説していきますね。

脊柱管狭窄症を引き起こす3つの要因

脊柱管狭窄症の症状を引き起こす要因は以下の3つです。

  • 内臓疲労
  • 自律神経の乱れ
  • 身体のバランスが悪い

内臓疲労

内臓疲労はストレスや睡眠不足、水分不足により引き起こされます。

慢性的な内臓疲労があると身体の免疫力や回復力が低下に繋がり、痛みや痺れを悪化させる原因になります。

脊柱管狭窄症の方は、内臓疲労が長年蓄積し、本来の痛み以上に痛みを強めている事がほとんどです。

自律神経の乱れ

一見、自律神経の乱れと腰痛が関係しているとは考えにくいと思いますが、この2点はとても密接な関係にあります。

実は、自律神経の乱れによって筋肉の過緊張が生じてしまうのです。

腰や足についている筋肉が緊張し、痛みやしびれを悪化させてしまいます。

この緊張は、マッサージやストレッチではなかなか改善しませんし、もししたとしても一時のみで、すぐに元に戻ってしまいます。

身体のバランスが悪い

これは単純に「骨盤がゆがんでいる」とかそういう事ではありません。

上半身と下半身の連動性が悪い、足元が不安定、各関節の可動域が悪い等、身体を構成している筋肉、骨格のバランスが悪くなっている事を指しています。

このバランスが悪い状態で日常を過ごしていたらどうなるでしょう?

例えば野球で言うと、フォームが悪いピッチャーが故障しやすいという考えは当たり前ですよね。

それは日常生活・動作にも同じ事が言えるのです。

「身体のバランスが悪い」=「フォームが悪い状態」で生活していると、首、肩、膝やもちろん腰も足も痛くなるのです。

特に股関節や膝の不調がある方は腰を痛めやすいのが定説で、脊柱管狭窄症の方はこの特徴を持っている方が多いです。



このように、脊柱管狭窄症の痛みや痺れを悪化させる原因がいくつもあるのです。

痛みが出ている腰や足の治療をいくら行っても改善しないのは、これらが痛みの根本である事があります。

これらを解消する事で、病院でも改善しなかった狭窄症が解消されるのです。

それでは、最後に脊柱管狭窄症に悩んでいる方へメッセージをお伝えします。

脊柱管狭窄症に悩んでいる方へメッセージ

当院では今まで多くの脊柱狭窄症に悩む方を施術してきました。

そして、今では痛みやしびれが改善し、生活を楽しんでいる方がほとんどです。


ですが、それでも

「脊柱管狭窄症は数回の治療で簡単に治る」という認識は持っていません。

残何ながら、脊柱狭窄症はそんなに簡単な疾患ではありません。

やはり、それなりの治療期間は要しますし、患者さんに詰めて来院して頂くよう伝えさせてもらっています。

患者さんのご協力があってこそ、やっと治療の効果が発揮されます。

なので、患者さんにも「通院する」という気持ちを固めてから来院して頂きたいと思っています。


そのかわり、私も治療は全力全身で毎回取り組ませていただきます。

「脊柱管狭窄症は老化のせい」と結論付けるのは簡単ですが、本当の原因はそれだけでない事が多いのがほとんどです。

あなたが悩む脊柱管狭窄症も、きっと他の原因が隠されているはず。

あなたの痛みやしびれを改善させるために全力でサポートさせて頂きますね!


今まで沢山の治療を受けてきた方も、ここで最後の治療にしましょう。

鍼灸師という国家資格を有し、長年の経験を積んできた私が

西洋医学的な観点、東洋医学的な観点、両方の視点から診る事であなたの痛みを全力で解消していきますね。

ダエンからマルで施術を受けられた方の通院レポート

今までに「」でダエンからマルで施術を受けられた方の施術内容と症状改善の過程を解説します。

該当する記事は現在ありません。

ダエンからマルで施術を受けられた方のお客様レビュー

    • 坐骨神経痛
    • 脊柱管狭窄症
    • 10代未満
    • 男性

    【狭窄症、坐骨神経痛を治して頂きました。感謝です。】 Q1、どのような症状でお困りでしたか?またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?医者から狭窄症と言われて来たのですが先生からは坐骨神経痛と言われ治していただきました。その後めまいを丁寧に治して頂きありがとうございました。 Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?当院に来た心配は丸山先生のおかげで心配無し Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。ていねいに治療して頂き、感謝しています。 Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!大感謝です。ありがとうございました。 ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    続きを読む

もっと見る