新長田駅より徒歩1・神戸三宮から約10分「治したい」人のための鍼灸施術院

ダエンからマル Lab.
機能性ディスペプシア

病院でも「機能性ディスペプシア」が治らなかったあたなへ

  • 胃痛や胃もたれがツライ…
  • みぞおちが痛くて、胃薬が手放せない。
  • お腹がすぐにいっぱいになり食事が楽しめない。


このページは、

そんな胃の症状に悩んでいる方、
もしくはすでに「機能性ディスペプシア」と診断を受けた方に

自分の症状を詳しく理解してもらい、

実際に改善した人の声と共に「改善するための方法」をお伝えするためのものです。


「このまま胃薬をずっと飲み続けないといけないの?」

「どうすればこの胃の不快感から解放されるの?」


様々な疑問や不安が出てきますよね。

あなたがそう感じてしまうのは当然だと思います。


でも、だいじょうぶです。


これらのモヤモヤとした疑問や不安が晴れて、


「吐き気や胃の不快感が消えるかもしれない!」

「私の機能性ディスペプシアも治る可能性があるかも!」


このように思ってもらえる事をゴールとして

疑問・不安を解消していただけるようにお伝えしていきますね。

機能性ディスペプシアとは

「機能性ディスペプシア」と呼ばれるようになったのは近年のことで、

今までは慢性胃炎やストレス性胃炎という診断をされていました。


ディスペプシアという言葉は「胃の痛み」「胃もたれ」などの腹部の不快症状を表す医学的用語です。

そして、機能性ディスペプシアとは胃の不快症状があるにも関わらず、胃内視鏡カメラやバリウム検査で異常所見が見つかりません。


機能性ディスペプシアは以下の症状が見られます。

  • 慢性的な胃もたれ、胃痛
  • 食事をしてもすぐにお腹がいっぱいになる(早期膨満感)
  • みぞおちの痛み(心窩部痛)
  • みぞおちに灼熱感、焼けるような感覚

このような自覚症状があったとしても、胃がんや胃潰瘍、胃の炎症などの病的な所見が見つからないのです。

機能性ディスペプシアの原因

機能性ディスペプシアの病態はとても複雑で、人によって発症原因が全く異なる事もあります。


発症の原因は以下の4つが大きく関係していると考えられています。

  • 胃・十二指腸の運動障害や知覚過剰
  • 胃酸の過剰
  • 心理的要因
  • 生活習慣の乱れ(アルコール・喫煙・不眠)

他にも遺伝的要因やピロリ菌が原因で発症する事もあります。

また、ひとつの要因で発症したり、あるいは複数の原因が重なって発症する場合もあるため、人によって胃の症状が大きく異なると考えられています。

機能性ディスペプシアは生命の危険を脅かす病気ではありませんが、著しく生活の質を落とすとされる病気です。

胃薬で治らなかったとしても大丈夫

一般的な治療方法として、機能性ディスペプシアでは「投薬」「生活習慣の見直しがされます。

「投薬」には2つの種類があり、胃の状態異常を抑えるための薬抗不安薬や抗うつ剤などの薬です。


ただ、その効果は個人によって大きく異なり、まったく効果を示さない事もあります。

なにより、機能性ディスペプシアは一度改善した場合であっても、薬の服用をやめると数か月のうちに再発する事が多く、5人に一人は症状を慢性的に繰り返すとされていす。


悪い時と良い時を数か月置きに繰り返すので、

症状が再燃するたびに「あぁ~またか、、、」とがっくりされる方が多いです。


ですが、胃薬で治らなかった症状も適切な処置さえすれば解消する事があります。


ただ、
どこに行っても胃の症状が解消しなかった方にとって、

「胃薬でも治らなかった症状が解消されるとは思えない」

とそう思われる方も多いのではないでしょうか。


それは当然のことだと思います。


ですが、それは全国から飛行機や新幹線を乗り継いででも機能性ディスペプシアのの施術を受けにやってくること、症例数の多さと改善率の高さが証明しています。

その中の一部である実際の「声」に耳を傾けてみてください。

実際に施術を受け機能性ディスペプシアが解消した方々の感想

美味しくたくさん物が食べらることが幸せです

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?

胃の不快症状。

機能性ディスペプシアの傾向がありました。


Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はありませんでしたか?またその心配はどうやって解消しましたか?

初めは心配でしたが、通っているうちに慢性的な胃の不快症状が取れて胃薬を飲む回数が減ったので心配は消えていきました。


Q3、当院の施術を受けた印象・感想を教えてください。

きれいな施術スペース、受付。置いているものが豪華(笑)→テンピュールなど!

初めの方は両脚に鍼+お灸+呼吸の調整など一見、胃に関係がない治療もありました。今は頭に鍼+お灸+胃腸の調整メインです。


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!

今はPMS?で胃が辛い時がありますが、施術していただいたおかげで以前よりも美味しくたくさん物が食べらることが幸せです。昔に比べたら気持ちが下がる下がり幅も狭くなっている気がします。「顔色も良くなった」と言われることもあり、嬉しいことだらけです。いつもありがとうございます♡

機能性ディスペプシアの症状がなくなり幸せです

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?

ムカムカする
もたれる
食べられない
背中が痛い
→病院で胃カメラ、CT
症状に合わせて薬を飲む


Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はありませんでしたか?またその心配はどうやって解消しましたか?

他に行くとこがなかったかた
症状が改善するまでは常に心配。


Q3、当院の施術を受けた印象・感想を教えてください。

絶対に良くなりますと言われ、頑張ってみようと思った。

Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!

幸せです。

食事が楽しくなり、女子会が楽しめるようになりました。

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?

肩こり、胃腸が弱い


Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はありませんでしたか?またその心配はどうやって解消しましたか?

心配はなし


Q3、当院の施術を受けた印象・感想を教えてください。

丸山先生がとてもかわいくて優しのに、本気を出すととても痛い。
でもとても効く。


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!

食事の時間が楽しみになり、人並みに女子会が楽しめるようになりました。
ありがとうございました。

機能性ディスペプシアを解消する方法

前述しましたが、機能性ディスペプシアは症状が繰り返し起こる疾患です。

症状が緩解、増悪を繰り返す理由として、外因的な刺激(環境、季節、ストレス)が影響しています。

健康な人であれば外からの刺激にある程度耐えれるため、身体の不調を何度も再燃する事はあまりありません。

ですが機能性ディスペプシアの方は、外因的な刺激に耐えられる体にないため、症状が何度も再燃してしまうのです。


外からの刺激にさらされても、身体に異常をきたさないようにするには以下の3つのステップが必要です。

  1. 自律神経の乱れを改善
  2. 内臓疲労の解消
  3. 横隔膜の働きを正常にし、腹膜の緊張を緩和させる
  • 自律神経の乱れを改善

胃の働きは交感神経と副交感神経に大きく影響されます。

交感神経の働きが優位になっていると、働きが活性化され胃もたれや消化不良に繋がります。
また副交感神経は胃の働きを高める作用があり、胃酸の分泌を促します。
副交感神経が優位であると、胃酸の分泌が促進され、胃の粘膜を痛めてしまうのです。自律神経の乱れを改善させ、胃の働きを正常に戻す必要があります。

  • 内臓の調整

胃の疲労を解消する必要がありますが、腸(十二指腸・小腸・大腸)の疲労も解消する事が重要です。胃が腸に食物を送り出そうとしても、腸の蠕動運動が低下していれば胃の食べ物のカスが溜まり消化不良に陥りやすくなります。胃腸を調整し、取り込んだ食べ物が正常に排出されるようにする事も重要です。

  • 横隔膜の働きを正常にし、腹膜の緊張を緩和させる

食道は咽頭からはじまり横隔膜を通って胃に通じます。

胃と食道をつなぐ部分は「噴門(ふんもん)」と呼ばれ下部食道括約筋によって開いたり閉じたりします。

横隔膜が正常に働かないと、この下部食道括約筋の働きも低下し胃に異常をきたしやすくなるため、横隔膜の調整は必須です。

また、腹膜の緊張を緩和させる事で大腸や小腸の働きも同時に高められます。

機能性ディスペプシアの方へメッセージ

機能性ディスペプシアの方は自身の体にすごく不安を持っている方が多いです。

というのも、機能性ディスペプシアに似た逆流性食道炎の方は胃カメラで異常所見が見つかるため、お医者さんからはっきりとした回答が得られます。

機能性ディスペプシアの方は、そのはっきりとした回答が得られないからです。

投薬治療においても、自分に合う薬が見つかるまで、何度も処方が変わる事もあります。

なので、治療に前向きになれず精神的にも身体的にも不安が募っていきます。

私が治療してきた機能性ディスペプシアの患者さんは、

体もしんどく、気持ちも落ち込み、本当にツライ状態の方がほとんどでした。

病院や周囲の人に理解されず苦しんでいる方もいました。

今、この記事をご覧の方も

きっと同じような状態の方もいるでしょう。


でも、安心してくださいね。

当院に来院される方もあなたと同じ悩みを持っている状態でしたが、

数か月後にはその不安が解消される方がほとんどでした。

病院の治療でなかなか改善されない方は一度当院にご相談ください。

食事が楽しくない、ツライなんて事はきっと思わなくなるはずです^^

機能性ディスペプシアを治し、毎日の生活をより良いものにしていきましょうね。


どこに行っても良くならなかったからといって不安に思わないで下さいね。

鍼灸師という国家資格を有し、長年の経験を積んできた私が西洋医学的な観点、東洋医学的な観点、両方の視点から診る事であなたの痛みを全力で解消させていただきますね!

ダエンからマルで施術を受けられた方の通院レポート

今までに「」でダエンからマルで施術を受けられた方の施術内容と症状改善の過程を解説します。

該当する記事は現在ありません。

ダエンからマルで施術を受けられた方のお客様レビュー

  • ダエンからマル施術院
    • 機能性ディスペプシア(FD)
    • 胃の不調
    • 肩こり
    • 40代
    • 女性
    • 会社員

    【食事の時間が楽しみになり、女子会が楽しめるようになりました。】 Q1、どのような症状でお困りでしたか?またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?肩こり、胃腸が弱い Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?心配はなし。 Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。丸山先生がとても(かわいくて)優しいのに、本気を出すと痛い。でも、とても効く。 Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!食事の時間が楽しみになり、人並みに女子会が楽しめるようになりました。ありがとうございました!! ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    続きを読む
    • 機能性ディスペプシア(FD)
    • 胃の不調
    • 20代
    • 女性
    • 事務補助

    【胃の不快症状がなくなり、美味しく沢山ものを食べられるようになりました】 Q1、どのような症状でお困りでしたか?またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?胃の不快症状、機能性ディスペプシアの傾向がありました。 Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?初めは心配でしたが、通っているうちに慢性的な胃の不快症状が取れて、胃薬を飲む回数が減ったので心配は消えていきました。 Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。きれいな施術スペース、受付。置いているものが豪華(笑)→テンピュールなど!雰囲気がよかった。 初めの方は両腕に鍼+お灸+呼吸の調整など一見胃に関係がない治療もありました。今は頭に鍼+お灸+胃腸の調整メインです。 Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!今はPMS?で胃が辛い時がありますが、施術していただいたおかげで以前よりも美味しくたくさんものが食べられることがとても幸せです。昔に比べたら気持ちが下がる下がり幅も狭くなっている気がします。「顔色も良くなった」と言われることもあり、嬉しい事だらけです。いつもありがとうございます♡ ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    続きを読む
    • 機能性ディスペプシア(FD)
    • 腰痛
    • 胃の不調
    • 30代
    • 男性
    • 販売員

    Q1、どのような症状でお困りでしたか?またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?腰痛、腰の不快感、内臓不調(胃・腸)お灸、はり、内臓調整、つぼ刺激 Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?どのような治療をされるかの不安はありましたが丁寧な説明を受けて解消されました。 Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。間接的な部位への刺激が多かったので、本当に効くか不安でしたが良い方に身体の変化が感じられ納得しました。 Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!日常生活において特に仕事中に何年も苦しんでいたので明らかに良い方向に変化を感じられたのでとてもHAPPYです。自分自身でも努力して改善しようという思いがわいてきました。 ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    続きを読む

もっと見る

同じ属性の症状・疾患

内科系

同じ部位の症状・疾患