新長田駅より徒歩1・神戸三宮から約10分「治したい」人のための鍼灸施術院

ダエンからマル Lab.
グロインペイン症候群


グロインペイン症候群は10回前後の施術でおもいきり走れるほど回復する疾患です

病院でも「グロインペイン症候群」が治らなかったあなたへ。

このページは、

足の付け根や股関節の痛みに悩んでいる方、

すでに「グロインペイン症候群」と診断を受けた方に

自分の症状を深く理解していただき、

実際に改善した人の感想と共に「痛みを解消する方法」をお伝えしていきます。

  • 足の付け根が痛い…
  • スポーツをすると股関節に激痛が走る
  • 座っている時でさえ痛みを感じるようになってきた…


きっと様々な不安があると思います。


でも、だいじょうぶです。


あなたのグロインペイン症候群がなかなか良くならない理由がここに書かれています。


グロインペイン症候群の原因や解消するための施術内容について詳しく書いていますので、是非ご参考にしてください。


当院の施術後、半年以上も悩んでいた股関節痛や、運動が出来ないほどの痛みが解消されています。
グロインペイン症候群でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

グロインペイン症候群とは

「グロインペイン症候群」は鼠径部(そけいぶ)周囲の痛みを総称した呼び名です。

ランニングやキック動作などで痛みが出る疾患です。
痛みの出る部位は股関節や足の付け根だけでなく、下腹部やその周囲にも痛みを感じる事があります。

では、なぜグロインペイン症候群は起こるのでしょうか?

グロインペイン症候群の原因

一般的にグロインペイン症候群は「使い過ぎ」が原因と言われています。


股関節を屈曲(走る、歩く、蹴る、膝を抱える等)や内転(股を閉じる)の際に使用する腸腰筋や大腿直筋、内転筋の炎症によって痛みを感じます。


サッカー選手にこの症状が多いのは、「キック動作」や「ランニング動作」を繰り返し頻繁に行うことで、股関節や鼠径部、そしてそこに付着する筋肉に炎症を引き起こすからです。

股関節に痛みが出た時に知っておくべき2つのポイント

股関節や下腹部に痛みが出た際、1件目の病院ですぐに「グロインペイン症候群」と診断を受ける方は少ないです。

その理由は、グロインペイン症候群は痛みの出方が人によって大きく異なるため、他の疾患と間違いやすいからです。


あなたの股関節痛が本当に「グロインペイン症候群」かどうか、知るための2つのポイントをお伝え致します。

股関節に可動域制限はあるか?

グロインペイン症候群の症状にもっとも似ているのは「股関節炎」です。
股関節炎の症状は仰向けに寝た状態で、患側(かんそく)の膝を立て内側に倒すと痛みを感じます。

また可動域制限もある方が多く、内側に綺麗に倒れない場合がほとんどです。


一方、グロインペイン症候群では、股関節を左右に倒して強い痛みを起こすことはあまりありません。(グロインペイン症候群と股関節炎を併発している場合は除く)


また股関節炎は中高年の女性に多いですが、グロインペイン症候群はスポーツをしている若年層によく発症します。

ただし、グロインペイン症候群と股関節炎は併発す事もあるため、しっかりと鑑別する必要があります。

運動痛はあるか?

次に、グロインペイン症候群は下腹部にも痛みを伴うため、はじめは内臓に異常があると考える方も多くみられます。
特に患者が子供の場合、運動器疾患や内科疾患の判断が難しい事も多く、親御さんに「お腹が痛い」と訴える事で内科を受診する事もよくあります。


内科疾患とグロインペイン症候群の鑑別は「運動痛」があるかどうかが見極めるポイントです。

グロインペイン症候群は「腹筋」や「走行時」「キック動作」などの運動時に痛みを感じるため、子供が訴える下腹部痛がどのような時に出るかを確認する必要があります。

10回前後の施術でスポーツ復帰が望める理由

あなたはグロインペイン症候群を発症した後、

多くの病院・治療院であらゆることを試しそれでも尚、改善していないかもしれません。


あなたと同様に股関節の痛みを持つ方の多くは

どこに行っても治らず「藁をもすがる思い」でやってくる方がほとんどです。


きっとあなたも同様に不安な思いをされていることでしょう。

病院でも明確な治療期間が設定されず、いつになったら治るのかさえ分からずにいる方も多いと思います。


ですが、安心して下さい。

多くの場合、グロインペイン症候群は10回前後の施術で思い切り走れるようになる疾患です。

スポーツ復帰を諦めなくて大丈夫です。


それは、全国から飛行機や新幹線を乗り継いででもグロインペイン症候群の施術を受けに来院される方々がいる事、

またグロインペイン症候群の症例数の多さ・改善率の高さが証明しています。
その中の一部である実際の「声」に耳を傾けてみてください。

当院の施術でグロインペイン症候群が解消した方々の感想

ここに来て本当に良かった!

Q1、どんな症状でお困りでしたか?

股関節の痛み


Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって何か心配はありませんでしたか?またその心配あどうやって解消しましたか?


以前に違う病院で受けたハリがとても痛かったので心配でしたが、使うハリなどの説明をていねいにしてくれました。


Q3 当院の施術を受けたときの印象・感想などを教えてください。
●やさしい先生だと思った。
●体のことをほんとうに良く知っている。
●日に日に良くなっていくのを感じた。


Q4 あなたと同じような症状をもった方へなにか勇気が出るメッセージがあればお願いします。
どの病院に行ってもぼくは良くなりませんでしたが、ここに来て本当に良かった。
ぜひ来てみてください。


陸上の練習に復帰できて嬉しいです!

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けたこられましたか?

足の付け根が痛い
走ると痛い


Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって何か心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?
心配はなかった

Q3、当院の施術を受けた印象・感想を教えてください。
治療をどのようなするかをきっちり説明してもらい、安心でした。すごく優しかったです。

Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!
陸上の練習に復帰できて嬉しいです!ありがとうございました!


運動をすると繰り返す、痛みの理由

一般的な病院や整骨院では、
股関節の柔軟性が高めるためにストレッチを勧められる事がよくあります。

それは「股関節が硬いから痛みが出やすくなる」と考えられているからです。

ですが、どれだけストレッチをしても痛みは解消されない事が多く、少し緩和したとしても運動をすればまた痛みを繰り返す事がほとんどです。


その理由は、痛みの根本的な原因が解消されていないからです。

関節の柔軟性を良くする事は大事ですが、股関節が硬い事だけが痛みの出る原因ではないのです。

根本的な原因を解消しない限り、運動を再開するたびに痛みを繰り返す事になってしまいます。

それでは、グロインペイン症候群の根本的な原因とは何なのでしょうか?

グロインペイン症候群の意外な原因

グロインペイン症候群は以下の3つが原因である事がほとんどです。

  • 内臓が疲労している
  • 身体のバランスが悪い
  • 足元が不安定

内臓が疲労している

運動をすると筋肉や骨に負荷がかかるのは当然ですが、内臓にも疲労を貯めてしまうのです。そしてこの内臓疲労の蓄積は、怪我をする子の特徴ともいえます。


「同じメニューをこなしているのに、なぜ痛みが出る子と出ない子がいるのか?」

と不思議に思ったことはないでしょうか。


その理由は「身体が疲労状態にある」という事です。

グロインペインになる子は内臓疲労により免疫力・回復力が落ちている状態にある事が多いです。

これは大人、子供は全く関係なく、内臓疲労がない人であれば徐々に身体の疲労や痛みは取れていきます。


そうでない場合、疲労状態で身体を酷使し(過度な運動を)続ける事で疲労がどんどん溜まっていき、身体の回復が追い付かず痛みとして身体に現れます。

身体のバランスが悪い

グロインペイン症候群以外の症状にも言える事ですが、怪我をしやすい子供の特徴は、身体の使い方が苦手な子が多いです。


上半身と下半身の連動性が悪いとバランスを崩しやすくなり、自分のイメージする動きと同じ動きが出来なくなってしまいます。

この状態で無理やり運動をしていると、悪い癖が身体につき、怪我をしやすくなります。

足元が不安定

鼠径部や股関節が痛くなる子は、そもそも足元が不安定な場合が多いです。

過去に足首の捻挫を頻繁にしていたり、踵を踏んで歩いていたりと、足元の安定性が悪い事で、回りまわって鼠径部に痛みが出る事があります。


足首を調整し足元のバランスを整える事で、股関節の負担を軽減させる事が出来ます。

足首が不安定なままだと、股関節・鼠径部の炎症が取れたとしても、運動を再開すると痛みがだんだんとぶり返すことになってしまいます。


再発予防の意味でも、足元の安定性は重要です。

「グロインペイン症候群を解消する方法」

グロインペイン症候群の原因を知れば、股関節だけに焦点を当てたケアでは足りないことが分かってもらえたはずです。

プロのサッカー選手さえも治らずにいるほど難しい疾患なので甘くみてはいけません。


根本的な解消をしない限り、痛みは繰り返し結果的に治療期間を長引かせてしまう事になります。

ここでは、グロインペイン症候群を解消する3つのステップについてご説明します。

  • 内臓調整
  • 上半身と下半身の連動性を整える
  • 下半身の捻じれ、ひずみを解消

内臓調整

背中やお腹、下肢に刺激を加える事で内臓の疲労を解消していきます。

内臓疲労が解消される事で免疫力や回復力が上がり、痛みが解消されやすい土台を作っていきます。

上半身と下半身の連動性を整える

グロインペイン症候群を解消するには上半身と下半身の連動性はすごく重要です。キック動作や走る動作にかかせないのは、腕や背中の動きです。腕や背中のロッキングをなくし、身体の連動性を高めていきます。

下半身の捻じれ、ひずみを解消

大腿部と下腿部の捻じれを整えます。そうする事で股関節・膝関節・足関節にかかる負荷を減少させる事が出来ます。

この3ステップでどれだけ重度のグロインペインも10回前後で思いっきり運動を出来るようになるのです。

グロインペイン症候群に悩んでいる方へメッセージ

グロインペイン症候群でお悩みのあなたは、きっと今まで多くの病院や治療院に通われた事でしょう。

ネットで痛みの改善方法やセルフケアの方法も沢山調べられ、やっとこのページにたどり着かれたと思います。

当院に来院されるグロインペイン症候群の方はあなたと同じ経緯でたどり着かれた方ばかりです。

その多くはスポーツ少年・少女ですが、アスリートの方の中にも悩まれている方は多く存在します。

皆さんの願いは「早く運動がしたい」ということ。
これは、スポーツをしている人にとって当たり前の想いでしょう。


私もスポーツをしていた時に怪我をしてしまい、

周りが練習している中でひとりだけ何もできず歯がゆい思いをした事があります。


スポーツをしている人にとって「安静」は本当にツライ事です。

特に試合などの目標がある方にとっては、一日でも早く治したいですよね。


ですが、安心して下さい。

グロインペイン症候群でどこに行っても治らない状況であっても希望を持ってもらって大丈夫です。

あなたが全力でスポーツ復帰できるよう、こちらも全力でお手伝いします。

期待して当院に来ていただければと思います^^


鍼灸師という国家資格を有し、長年の経験を積んできた私が

西洋医学的な観点、東洋医学的な観点、両方の視点から診る事であなたの痛みを解消させていきたいと思います。

ダエンからマルで施術を受けられた方の通院レポート

今までに「」でダエンからマルで施術を受けられた方の施術内容と症状改善の過程を解説します。

該当する記事は現在ありません。

ダエンからマルで施術を受けられた方のお客様レビュー

該当する記事は現在ありません。

同じ部位の症状・疾患

股関節

該当する記事は現在ありません。