新長田駅より徒歩1・神戸三宮から約10分「治したい」人のための鍼灸施術院

ダエンからマル Lab.
有痛性外脛骨


有痛性外脛骨の9割は、手術せずに痛みを解消できます。

「有痛性外脛骨」で悩んでいるお子さんをお持ちの親御さんへ

このページは、
マッサージやストレッチなど”何をしても”解消されなかった
有痛性外脛骨の方のための内容が記されています。


「症状が改善した方の感想」と共に、
有痛性外脛骨を解消する方法をお伝えしていきますね。


今、あなたは、

  • 子どもが「足の内側の骨が痛い」と何週間も言っていて心配だ。
  • だんだんと骨の出っ張りが酷くなっているように思う…
  • 病院で「手術」の話が出て、不安でしょうがない。

などの、様々な辛い症状や不安があると思います。


でも、だいじょうぶです。


当院の施術後、多くの子供達が「足の内側の痛み」が大幅に解消され、痛みのない生活や運動が出来ています。
有痛性外脛骨でお悩みの親御さんは、是非最後までご覧ください。

有痛性外脛骨とは

足の内側にある舟状骨(しゅうじょうこつ)には、約20%の人に過剰骨(余分な骨)があります。

これを「外脛骨(がいけいこつ)」と呼び、この骨に痛みが出ている状態を「有痛性外脛骨」と言います。

有痛性外脛骨は、思春期の子供によく発症するとされていますが、大人にもまれに発症する事があります。

有痛性外脛骨の最も代表的な症状は、外脛骨を押すと痛が出ます。


その他にも、

  • 外脛骨が腫れており熱感がある
  • 外脛骨が突出する
  • 歩いたり走ったりすると痛みを強く感じる
  • ジャンプをすると痛む

などの症状があります。

それでは、この痛みが出る原因は何なのでしょうか?

有痛性外脛骨の原因

有痛性外脛骨は、外脛骨に付いている「後脛骨筋(こうけいこついきん)の過緊張」が原因とされています。

後脛骨筋とは、脛の内側から内くるぶしを通り、足の土踏まずまで伸びている筋肉です。

この筋肉は、足関節を伸ばしたり(底屈)、内に返したり(内反)する運動で使われます。

後脛骨筋が繰り返し使われる事で、外脛骨に負荷がかかり痛みが生じます。


その他に、「捻挫による外傷をきっかけに、有痛性外脛骨を発症する事もあります。

一般的に行われる有痛性外脛骨の治療

病院などでは、有痛性外脛骨に対して、何よりもまず「安静」を指示されます。

現在行っているスポーツや運動を中止し、患部に負担をかけない事が大切をされています。

そのうえで、湿布や足底板(インソール)の装着などの保存療法が勧められます。

整骨院や治療院では、周囲の筋肉にマッサージやストレッチをかけるなどの処置が行われます。


きっと、このページを見ている親御さんは、

今までお子さんにこれらの処置を受けさせてきた事でしょう。

そして、それでも改善しなかったのはないでしょうか。

このような保存療法で改善しない場合、次に取られる選択は「手術」です。


そう、有痛性外脛骨は、子供であっても手術をよく勧められる疾患なのです。


ですが、いくら痛みが取れる手段だとしても、

親御さんにとって、子供に「手術」をさせるのはとても不安でしょうし、「まだ他に良くなる手段はないのか?」と考えるのは当然の事だと思います。


そんな親御さんは、是非この後の内容を読み進めてください。

きっと希望が持てるはずです。

「手術しかない」と言われても大丈夫

もしかすると、すでに病院で手術を視野に入れた話が進んでいる方もいるでしょう。


「痛みをなくしたいけど、手術は怖い」と、

親御さんも、そしてお子さんもきっと思っているはずです。


ですが、だいじょうぶです。

病院で「手術」の話が出た有痛性外脛骨であっても、手術なしで改善させられるケースがよくあるのです。


当院に来院される有痛性外脛骨の子達は、あなたと同様に、どこに行っても治らず「藁をもすがる思い」の子ばかりです。

ですが、手術の選択をせずとも、痛みがなくなり、運動やスポーツ復帰をする事が出来ています。


それは、全国から飛行機や新幹線を乗り継いででも有痛性外脛骨の施術を受けにやってくること、その症例数の多さと改善率の高さが証明しています。


その中の一部である実際の「声」に耳を傾けてみてください。

実際に施術を受け有痛性外脛骨が解消した方々の感想

有痛性外脛骨が来るたびに楽になっていった!

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために今までどのような治療を受けてこられましたか?


有痛性外脛骨


Q2、鍼灸治療など当院来院にあたって心配はなかったですか?
またその心配はどうやって解消しましたか?

なし

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

来るたびに楽になっていった!


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。
担当が最高に喜びます!


大好きなサッカーが思いっきり出来るようになり、うれしいです。
ありがとうございました!

完治に期待が持てました!

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために今までどのような治療を受けてこられましたか?

外脛骨
ストレッチ、セルフマッサージ等


Q2、鍼灸治療など当院来院にあたって心配はなかったですか?
またその心配はどうやって解消しましたか?

特になし

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

2.3回目から効果を感じられ、完治に期待が持てました。


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。
担当が最高に喜びます!


I feel so much more relieved and less styeseed and happy that the pain went away.
I am so excited to be alae to dance without pain and stress on my foot.

ありがとうございます。

歩くことが嫌じゃなくなりました。





Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために今までどのような治療を受けてこられましたか?

有痛性外脛骨

オーダーメイドのインソールを着用


Q2、鍼灸治療など当院来院にあたって心配はなかったですか?
またその心配はどうやって解消しましたか?

なかった

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

直後はダルイ感じがあったが、痛みが減った。


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。
担当が最高に喜びます!

歩くことが嫌じゃなくなりました。


インソールやマッサージですぐに改善にしない理由

前述しましたが、有痛性外脛骨の一般的な治療として、

  • 安静
  • インソールの着用
  • 患部の湿布
  • 後脛骨筋、ふくらはぎのマッサージ・ストレッチ
  • タオルギャザーなどの筋トレ

などの処置が行われます。


ですが、

有痛性外脛骨を「早期に」改善させるためには、実はこれらの処置は有効的な方法ではありません。


まず、インソールについてですが、

偏平足を改善させるためアーチを作るために用いられています。

ですが、無理に足のアーチを作るようなインソールは逆効果であり、痛みを強めてしまう恐れがあります。


次に、後脛骨筋やふくらはぎのマッサージですが、これらは根本的に痛みが取れるものではありません。

一時的に痛みが緩和するかもしれませんが、運動をすると痛みが再発します。


そして、タオルギャザーに関しては、後外脛骨の炎症を強める可能性が高く、あまりお勧めできません。


これらの処置で稀に良くなる場合もありますが、

改善するまで数か月・年単位はかかり、治療の効果というよりも、身体が持つ治癒力の効果によるものと考えられます。


有痛性外脛骨を「早期に」改善させるためには、まずは痛みの原因を知りそれを解消させる必要があります。

それでは、その原因とは何なのでしょうか?

有痛性外脛骨の意外な原因

外脛骨は約20%の方にあるものですが、その20%の方全員に痛みが出ているというわけではありません。

外脛骨があったとしても全く痛みを感じない方も多くいるのです


では、痛みが出ている人と出ていない人の違いは何なのでしょうか。

この違いこそが痛みの原因と言えます。(ここでは捻挫等による外的な要因の有痛性外脛骨は省きます。)


これが有痛性外脛骨の2つの原因です。

  • 下半身のアライメント異常
  • 慢性的に体が疲労した状態


下半身のアライメント異常

アライメント異常とは、大腿骨や脛骨、腓骨などの足の骨にゆがみや捻じれがある事です。

この下半身の異常があると、外脛骨に負荷がかかりやすくなり、外脛骨周囲の炎症や骨の隆起を発生させます。

また、後脛骨筋が緊張しやすい状態はこのアライメント異常によるものが大きいです。

後脛骨筋をマッサージやストレッチでほぐしても、下半身の捻じれが改善されないと筋肉の緊張は再発してしまいます。

慢性的に体が疲労した状態であること

日常的にハードな練習を繰り返すことで、疲労物質や老廃物が蓄積していきます。

普通、健康な状態であれば1日2日で疲労が抜けるものですが、それが抜けないまま練習をこなすことで体に疲労が蓄積されていきます。

健康な状態であれば痛みが発症しても、初期段階で体の治癒力が働き数日で自然に治っていきますが、それが困難な体の状態が出来てしまっているのです。

なかなか改善しない有痛性外脛骨の子は、体に疲労物質が蓄積しており、炎症を治すための体力がない場合がほとんどです。

体が治る土台にないため、どんな処置をしてもまた痛みを繰り替えしてしまうのです。


次の章では、

これらの原因を解消する方法について解説していきます。

有痛性外脛骨を解消する3ステップ


有痛性外脛骨を解消するには、以下の3ステップが重要です。

  • 自律神経の調整
  • 内臓調整
  • 下肢のアライメントを正常化

自律神経の調整

身体の疲労を取り除くためには、自律神経の乱れを整える事が重要です。

頭蓋骨や背骨に軽い刺激を与え、自律神経を整えていきます。

内臓調整

続いて、身体の疲労を解消するには「内臓調整」も必須です。

腹部や背部を処置し、内臓疲労を解消させて体が治りやすい土台を整えていきます。

下肢のアライメントを正常化

大腿骨と脛骨、腓骨のアライメントを正常化させます。

人によって股関節、膝関節、足関節にも異常がある事もあるので可動域を見たり触診をしていきます。

関節の捻じれや可動域、それに付着する靭帯や筋肉を正常化する事で不安定な足元を整えていきます。


いかがでしたか?

この3つの手順を踏む事で、「手術しかない」と言われた有痛性外脛骨でも痛みを取り除く事が出来るのです。


私たちは有痛性外脛骨に対して、「治すのは当たり前」と考えており、

最も重要な事は、「いかに早く治してあげられるか」という事を考えて治療をしています。

この3ステップによって、それを実現する事が出来ているのです。


それでは、最後に

有痛性外脛骨に悩んでいる親御さん、子供たちにメッセージを伝えます。

有痛性外脛骨に悩んでいる親御さん、子共たちへメッセージ

有痛性外脛骨に悩む子供たち・学生はすごく多いです。

病院では「手術しかない」や「数か月の安静」というショックな事を指示され、

藁にもすがる思いで当院にやってくる子がほとんどです。


有痛性外脛骨は成長期が過ぎれば症状は消失するものなので、

極論を言うと、数年我慢すれば痛みはなくなります。

でも、それでは意味がありません。

子供たちは部活の試合に出たいし、レギュラー争いをしないといけないからです。

今、運動を全力で頑張らなくちゃいけないんですよね。

子供たちからすると、手術や安静なんて選択肢にないはずです。


私は有痛性外脛骨の痛みを取ることは【当たり前】という大前提で話をしています。

大事なのは、どれだけ早く痛みをなくしてあげられるかどうか。

そこが私の腕の見せ所です。


どこに行っても良くならない。

どんな治療をしても良くならない。

そんな状態で途方に暮れているなら、私を頼って来てほしいです。

私は「有痛性外脛骨の痛みを早期に治して見せる」という強い思いを持って日々施術にあたっています。

鍼灸師という国家資格を有し、長年の経験を積んできた私が

西洋医学的な観点、東洋医学的な観点、両方の視点から診る事であなたの痛みを全力で解消させていただきますね。

ダエンからマルで施術を受けられた方の通院レポート

今までに「」でダエンからマルで施術を受けられた方の施術内容と症状改善の過程を解説します。

該当する記事は現在ありません。

ダエンからマルで施術を受けられた方のお客様レビュー

    • 有痛性外脛骨
    • 10代
    • 女性
    • 学生

    【有痛性外脛骨でインソールを着けていたけど、今は歩くのが嫌じゃなくなった】 Q1、どのような症状でお困りでしたか?またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?外脛骨障害オーダーメイドのインソールを着用 Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?なかった Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。直後はだるい感じがあったけど、足の痛みが減った Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!歩く事が嫌じゃなくなった。 ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    続きを読む

もっと見る