新長田駅より徒歩1・神戸三宮から約10分「治したい」人のための鍼灸施術院

ダエンからマル Lab.
梨状筋症候群(坐骨神経痛)


「お尻の痛み・足の痺れ」は患部を触っても治らない

病院で「梨状筋症候群(坐骨神経痛)」が治らなかったあなたへ

このページは、
「梨状筋症候群」に悩んでいる方のための内容です。


なぜ梨状筋症候群が発症したのか?という原因を理解をしていただき、

「症状が改善した方の感想」「お尻の痛み・足の痺れを解消する方法をお伝えしていきます。

  • お尻の奥をゴリゴリとマッサージしたくてたまらない
  • 座っているとお尻と足に痺れが出てくる…
  • 太ももの裏側が痛くてしょうがない…

きっと様々な辛い症状と不安があると思います。


でも、だいじょうぶです。


あなたの梨状筋症候群がなかなか良くならない理由がここに書かれています。

そして、梨状筋症候群の方がしがちな3つの危険な行動についても解説しているので、お尻や足の痺れにお悩みの方は、是非最後までご覧ください。

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)とは?

梨状筋症候群とは、梨状筋が坐骨神経を圧迫する事によって引き起こされる痛みや痺れのことです。


梨状筋は、お尻の深い所に位置し、仙骨から大腿骨の内側に付着しています。

この梨状筋が何らかの原因で緊張し、筋肉の下を通る坐骨神経に影響を及ぼします。


梨状筋症候群は筋肉の緊張によって生じるため、レントゲンやMRIなどの画像診断では、異常が見られない事がほとんどです。

梨状筋症候群の症状

梨状筋症候群は、 お尻から太ももの裏、ふくらはぎ、足首に痛みやしびれが生じます。

これは「坐骨神経痛」と言い、坐骨神経が圧迫されたことによって、神経の走行上に症状が現れます。

まれに、足の感覚が鈍くなったり、足の筋肉が低下してしまう事もあります。


梨状筋の緊張によって症状が強く出るため、長時間の座位や足を組む動作などで痛みや痺れが増強します。

症状を悪化させる3つの行動

驚かれる方も多いと思いますが、梨状筋症候群の方を改善させるためにしている行動が、実は症状を悪化させてしまっている事があります。

ここでは、それについて詳しく解説していきます。


梨状筋症候群を悪化させてしまう行動は以下の3つです。

  • 強いマッサージ
  • 過度なストレッチ
  • 長風呂

マッサージ

前述したように、梨状筋症候群はお尻の深層にある梨状筋が緊張する事で症状が現れます。

このことから一般的な整骨院では、梨状筋を緩めるために、お尻のマッサージをよく行います。


また、自分自身でもお尻を叩いたり、さすったりしている方も多いと思います。

人によっては、ゴルフボールなどの硬い物で、お尻の痛い部分をゴリゴリとマッサージしている方もいるのではないでしょうか。


確かに、硬くなっている筋肉をマッサージでほぐすと気持ちいですし、何となくその場では楽になった気がしますよね。


ですが、これは梨状筋症候群を悪化させる典型的なパターンなのです。


今まで痛みを取るためにマッサージを繰り返してきた方は「ほんとに!?」とショックを受けられるかもしれません。

ですが、これは残念ながら本当の話なのです。


筋肉の性質として、筋繊維が傷つく事で、それを修復しようとして筋繊維の結びつきが強くなり、どんどんと筋繊維は強化・硬化していきます。


これは当然、お尻のマッサージにも当てはまる事です。

お尻のマッサージをすればするほど、梨状筋は強化・硬化してしまいます。

しかも、前述したように梨状筋は深層にあるため、必然的にマッサージの強度は強くなります。

強いマッサージで筋繊維は損傷・修復を繰り返し、梨状筋が強化される事で坐骨神経痛が悪化していきます。

ストレッチ

梨状筋症候群の方は股関節周りやお尻のストレッチを推奨されますが、これらのストレッチで悪化する事もあります。


筋肉には「伸張反射(しんちょうはんしゃ)」という働きがあります。

これは急に筋肉が伸ばされると、それを反射的に縮めようとする作用です。


過度なストレッチや反動をつけたストレッチにより、この伸張反射が引き起こされ、逆に筋肉を収縮させてしまう事があるのです。


そもそも、梨状筋の緊張によって坐骨神経痛が出ており、

すでに圧迫や緊張など刺激を受けている坐骨神経に対して、ストレッチでさらに負担をかけるのはとても危険です。

梨状筋症候群では、様子を見ながらストレッチを行い、少しでも異変があれば早急に中止するようにしましょう。

長風呂

梨状筋症候群の方で、夜寝ている時も痛みがたり、安静にしていてもウズウズと痛みがある場合、長風呂で症状が悪化する事があります。

安静時にも痛みが出るというのは、梨状筋周囲の炎症が強く出ているためです。

この状態で患部を温めると、炎症が強まり症状を悪化させてしまいます。


また、炎症が強く出ていない場合であっても、長時間のお風呂は控えるべきです。

長風呂をすると体が温まり「良くなった」と感じますが、夜中に痛みが強く出るケースがあります。

これは体が冷めた事で起こる反動です。

長時間体を温める事によって、冷えの反動が強くなり、筋肉の血流が低下します。

血流の低下により、痛みや痺れが増強される事があるのです。


マッサージやストレッチと同様に、入浴も体にとっては刺激のひとつです。

過度な刺激は、痛みや痺れを悪化させてしまうので注意が必要です。

坐骨神経痛を治すには患部を触っても意味がない

ここまで読んでいいただくと、多くの方が疑問を持つはずだと思います。

「それじゃあ、どうすれば治るの??」

きっと多くの方はそう思ったでしょう。

マッサージやストレッチ、お風呂でさえ良くない…となると、痛みを改善させる手段はあるのか??

とそう感じるのは当然だと思います。


でも、だいじょうぶです。

ご安心ください。

梨状筋症候群は適切な施術をする事で、痛みと痺れがどんどんと改善していきます。


では、どうすれば梨状筋症候群(坐骨神経痛)を改善できるのでしょうか?


それは「梨状筋症候群になった根本原因を解消する」というのが大事です。


当たり前の事を書いているようですが、実は梨状筋症候群を改善させるためにこれが最も重要な事なのです。


マッサージやストレッチがなぜ良くないのか?
なぜお風呂で温めすぎるのが良くないのか?


それは、患部に原因がないからです。

お尻に痛みや痺れが出ているのは、結果として起こっていることに過ぎず、その根本原因は他にあるのです。

なので、痛みが出ている所をいくら施術したところで、症状は改善しないどころか悪化させる事もあるのです。


「なぜ梨状筋が緊張してしまったのか?」

「なぜ坐骨神経が圧迫されるに至ったのか?」

この原因を見つけ、それを解消しない限り痛みは繰り替えされるのです。


それでは、さっそく根本原因を解説していきたいところですが、

その前に、あなたと同じように梨状筋症候群に悩まれていた方の感想を紹介していきます。

梨状筋症候群にお悩みの方は、きっと希望が持てる内容なので是非ご覧になってみてください^^

当院の施術を受け、梨状筋症候群が改善した方々の感想

お尻の痛みで歩くにも困難な時もありましたが、良くなりました!

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために今までどのような治療を受けてこられましたか?

腰やおしり付近が痛く、歩くにも痛みから困難な時もありました。

おしりの調整や全身の調整をしていただきました。


Q2、鍼灸治療など当院来院にあたって心配はなかったですか?
またその心配はどうやって解消しましたか?

治療を受けている友人から聞いていたので、特に心配なく来れたし、また先生にも相談させていただきました。

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

施術を受け、日が経つにつれ痛みやダルさが取れとても快適な生活が送れる事に驚きました。


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。
担当が最高に喜びます!

立ち上がりや歩くにも痛みでどうにもならなかった身体を、片足で立てたり、走る事も出来るまで治していただき感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
私以上に体の調子をよくみていただき、ありがとうございました。

保険診療でまず行ってみて、どうにもダメな方が来院してくださいという貴院の方針を読み、信頼できると思いました。

Q1、どんな症状をお持ちでしたか?

お尻からふくらはぎにかけてのシビレ、痛み


Q2、鍼灸治療など当院来院にあたって心配はなかったですか?
またその心配はどうやって解消しましたか?

HPを見ました。
保険診療でまず行ってみて、どうにもダメな方が来院してくださいという貴院の方針を読み、信頼できると思いました。

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

痛みの原因を1つに絞らず、施術の中で様々な原因を探ってくださったと感じました。
丁寧かつ親切で、とても頼りになりました。
本当にありがとうございました。

Q4、あなたと同じ悩みを持った方へ何か勇気が出るメッセージがあればお願いします。

痛みの原因が分からず、色々なところへ通ったり、ネットで検索してお困りの方、ぜひお世話になると良いと思います。
また何かあった時、ぜひ来ようと私は思います。

梨状筋症候群の根本原因とは

前述したように、梨状筋症候群は患部に原因はありません。

なので、いくら患部をマッサージやストレッチをしても完治に至らないのは当然の話なのです。


それでは、痛みの根本原因はどこにあるのでしょうか?

それは以下の3つです。

  • 自律神経の不調
  • 内臓疲労
  • 骨格の歪み

自律神経の不調

「自律神経がお尻の痛みや足の痺れと関係あるの?」と不思議に思う方もいるでしょう。

実は、梨状筋の緊張と自律神経の不調は大きく関係しています。


もっと言ってしまうと、自律神経が乱れていると梨状筋だけでなく全身の筋肉が緊張しやすい状態になってしまうのです。

いくらマッサージやストレッチでお尻の筋肉の緊張を緩めたとしても、数時間・数日もすればまた緊張してしまいます。(これは他の筋肉も同じです。)

自律神経を整えない限り、根っこの緊張は解消されないのです。

内臓疲労

内臓疲労はストレスや暴飲暴食、睡眠不足などで起こります。

梨状筋症候群になる方は、この内臓疲労を抱えている方がほとんどです。


慢性的な内臓疲労があると全身の冷えを生じやすくなり、血流の停滞に繋がります。

血流の低下は、筋肉の緊張を促進させるだけでなく、身体に老廃物を溜めやすくなり、痛みや疲労が蓄積されていきます。

その状態で、長時間の座位や同一姿勢を続けることによって、梨状筋に負荷がかかり、痛みや痺れを誘発させます。

骨格の歪み

前述したように、梨状筋は仙骨という骨から大腿骨にかけて伸びる筋肉です。

骨盤、下半身の歪み・捻じれによって梨状筋の緊張が促進される事がよくあります。


特に太ももにある大腿骨という骨が内側に捻じれる「内旋変位(ないせんへんい)」は、梨状筋の緊張に大きく影響します。

大腿骨の内旋変位があると、梨状筋は常に緊張してしまい、坐骨神経を圧迫しやすくなってしまいます。



このように、梨状筋症候群は3つの根本原因が隠れており、これを解消させるのが最も重要になってきます。

梨状筋症候群を解消するための4ステップ

ここまで読んでいただければ、梨状筋症候群はお尻のマッサージやストレッチで改善しない事が分かっていただけたのではないでしょうか?

きっと、この記事をご覧の方の中にも、ネットなどで調べたマッサージやストレッチを参考されている方もいると思います、

ですが、過剰なマッサージやストレッチは骨盤や股関節に負担をかけ、座骨神経痛を悪化させてしまう事があるので気をつけて下さいね。


今回、お伝えしたように梨状筋症候群は患部に原因はありません。

梨状筋症候群の痛み・痺れを解消させるには、
痛みを緩和させるという対処療法でなく、根本的な原因を丁寧に取り切る事が重要になるのです。

梨状筋症候群を解消するには以下の4つのステップが必要です。

  • 内臓疲労を解消する

背中やお腹、下肢に鍼や手技などで刺激を加え、内臓の疲労を解消していきます。

  • 自律神経の乱れを整える

骨盤や頭蓋骨に適切な弱い刺激を加え、自律神経を整えていきます。 

  • 下肢の関節を正常にする

下肢(股関節・膝関節・足関節)と足の指を1本1本調整します。

関節の可動域を正常に滑らかに動くようにしていきます。

  • 身体のバランスを整える

上半身や下半身の連動性を高め、身体の動きをスムーズにすることが重要です。

人によって身体の使い方や癖の付き方が違うので、それを見極め対処する必要があります。



この4ステップを行う事で、どこに行っても治らなかった梨状筋症候群が改善していくのです。

それでは最後に、現在梨状筋症候群にお悩みのあなたへメッセージをお送りいたします。

梨状筋症候群に悩んでいる方へメッセージ

梨状筋症候群は本当にツライ疾患です。

あの何ともいえない鈍痛、ずっーとお尻を叩いておきたくなる嫌な痛み、

これらの痛みは言葉でなかなかな言い表せないですよね。


この記事をご覧の方の中には、長期間その痛みを抱えている人も少なくないと思います。

「いつまでこの痛みを耐えないといけないの?」

「もし、このまま治らなかったらどうしよう…」

と不安に思っている方もいるでしょう。


ですが、安心してくださいね。

梨状筋症候群は適切な処置さえすれば、しっかりと改善するものです。

今までの痛みがきっと嘘のようにラクになるはずなので希望を持って下さい。

鍼灸師という国家資格を有し、長年の経験を積んできた私が 西洋医学的な観点、東洋医学的な観点、両方の視点から診る事であなたの痛みを全力で解消させて頂きたいと思います。

ダエンからマルで施術を受けられた方の通院レポート

今までに「」でダエンからマルで施術を受けられた方の施術内容と症状改善の過程を解説します。

該当する記事は現在ありません。

ダエンからマルで施術を受けられた方のお客様レビュー

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア
    • 60代
    • 女性

    【足のしびれ・腰の鈍痛があり、わらにもすがる思いで来院しました】 Q1、どのような症状でお困りでしたか?またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?足がしびれ、腰の鈍痛整形外科でのけん引 Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?わらにもすがる思いで来ました。指導者がいて少数精鋭にひかれた。TVでの優勝かな。 Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。静香でベッドの温度管理や細かな点に気配りされていると感じた。 Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!つき並みですが「痛み」をひきずって生活することに恐怖を覚えた。改善は速攻ではなかったけど、何かしら「良く」なっていると体感でき、諸々の症状に対応してくださり感謝です。ありがとうございました。 ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    続きを読む
    • 坐骨神経痛
    • 脊柱管狭窄症
    • 10代未満
    • 男性

    【狭窄症、坐骨神経痛を治して頂きました。感謝です。】 Q1、どのような症状でお困りでしたか?またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?医者から狭窄症と言われて来たのですが先生からは坐骨神経痛と言われ治していただきました。その後めまいを丁寧に治して頂きありがとうございました。 Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?当院に来た心配は丸山先生のおかげで心配無し Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。ていねいに治療して頂き、感謝しています。 Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!大感謝です。ありがとうございました。 ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    続きを読む
    • 坐骨神経痛
    • 腰椎すべり症
    • 40代
    • 女性
    • 会社員

    【道路の真ん中に寝たい!と思うくらいの「すべり症」の痛みはどこへ?】 Q1、どのような症状でお困りでしたか?またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?脊椎管狭窄症との診断を受け、下肢の激痛・しびれがありました。薬物療法やブロック注射もしましたが、なかなか改善されませんでした。 Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?あの激痛が軽減されるなら、どんな痛みの治療も怖いものはありません。耐えられると思いました。通院を重ねるうちに先生との痛みの共有が出来て安心して通院することができました。 Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。痛みのある部位をさわるということではないので、最初は「これで治るのかな」という思いは確かにありました。 Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!立つことすらままならない痛みがあった(よつんばいで家の中を歩いていました)ときのことを思うと、今はうそのように痛みがなくなりました。階段の手すりにしがみつきながら下りていたのに、その痛みはどこへ行ったのでしょうか?(笑)道路の真ん中に寝たい!と思うくらいの痛みは?今は自分でも笑えてしまいます。 ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    続きを読む
  • ダエンからマル施術院
    • 坐骨神経痛
    • 腰椎すべり症
    • 40代
    • 女性
    • 自営

    【すべり症で歩くのもやっとだったので信じられません】 Q1、どのような症状でお困りでしたか?またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?すべり症 Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?鍼は怖いイメージでしたが、細い鍼で痛みがないので大丈夫でした。 Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。痛い部位をいらわずに治療をされるので本当に治るのか不安でしたが、日に日によくなり安心しました。皆さんスタッフが優しくて安心しました。 Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!バレーボールをまたすることができて本当にうれしいです。歩くのもやっとだったので信じられません。信じて治療に通って良かったです。 ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    続きを読む
    • 坐骨神経痛
    • 梨状筋症候群
    • 50代
    • 女性
    • 会社員

    Q1、どのような症状でお困りでしたか?またお困りの症状を治すために、今までどのような治療を受けてこられましたか?腰やおしり付近が痛く歩くにも痛みから困難な時もありました。おなかの調整や全身の調整をしていただきました。 Q2、鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?またその心配はどうやって解消しましたか?治療を受けている友人から話を聞いたので特に心配なくこれたし先生にも相談もさせていただきました。 Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。施術を受け日がたつにつれ、痛みやだるさがとれとても快調な生活が送れることに驚きました。 Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。担当が最高に喜びます!立ち上がり歩くにも痛みでどうにもならなかったからだを片足で立てたり走ることもできるまで治していただき感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。私以上に身体の調子をよくみていただき、ありがとうございました。 ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    続きを読む

もっと見る